<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

当団体が取り組む第2回目の自主上映作品だ!監督は想田和弘さん、足利市のご出身、ドキュメンタリー作品で「観察映画」という手法で制作された。ナレーション、テロップ等なしで監督自身が撮影・編集をこなすというもの。次の作品「演劇」が、この上映時期に発表される。5時間42分という大作で、1部・2部とある。
が、今回はこの映画を見てほしい。NPOの姿も見られる。

日程:平成24年10月14日(日) 会場:とちぎ蔵の街観光館 栃木市万町4-1 電話:0282・25・0560
当日のみ上映 ①午前10時半、②午後1時半、③午後4時 3回上映します。
②午後1時半上映後、想田和弘監督がトークショーをします。ぜひ、ご来場を!
入場料は、一人500円です。チケットは共催各団体にお問い合わせいただくか、当団体にご連絡ください。当日の申し込みでも入場できます。
駐車場はできるだけ栃木市役所(栃木市入舟町7-26)の駐車場をご利用ください。

予告編はyoutubeで見ることができます。


想田さんについては、wikipediaから一部転載しました。
想田 和弘(そうだ かずひろ、1970年6月12日 - )は、日本の映画監督・脚本家・演出家・ジャーナリスト。アメリカ合衆国ニューヨーク在住。アメリカのドキュメンタリー映画監督フレデリック・ワイズマンの影響のもと、ナレーションも音楽も挿入されず、また出演者にモザイクもかからない、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリー映画を制作している。
栃木県立足利高等学校卒業。東京大学文学部宗教学科卒業。宗教学科では島薗進に師事。また在学中に、東京大学新聞編集長を務める。だが、編集長としての激務とプレッシャーのため、燃え尽き症候群を患い、それが後にドキュメンタリー映画『精神』を撮る原点となった。
卒業後の1993年に、ニューヨークへ渡りスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画学科へ入学。在学中に制作した1995年の短編『花と女』がカナダ国際映画祭で特別賞を受賞。1996年の長編『フリージング・サンライト』はサン・パウロ国際映画祭「新進映画作家賞」にノミネート。卒業制作である1997年の『ザ・フリッカー』は、ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞にノミネートされる。

2005年に、妻の母親が関わっている精神科外来を舞台にしたドキュメンタリー映画を構想し、その撮影のため来日。だが、大学の同級生が川崎市議会の補欠選挙に自民党公認で出馬すると知り、急遽企画を変更して、ドキュメンタリー映画(観察映画)第1弾となる『選挙』を制作。ベルリン国際映画祭、シドニー映画祭、シネマ・ドゥ・レエル映画祭、サウス・バイ・サウス・ウエスト映画祭、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭、香港国際映画祭、バルセロナ・アジア映画祭、フリブール映画祭、Hot Docs カナダ国際ドキュメンタリー映画祭などに正式招待。ベオグラード・ドキュメンタリー映画祭で、グランプリを受賞した。また、60分短縮版がBBC、PBS、ARTE、NHKなど200カ国近くでテレビ放映される。2008年には、米国放送界最高の名誉とされるピーボディ賞を受賞する。
続く、ドキュメンタリー映画(観察映画)第2弾の『精神』は、2008年10月に開かれたアジア最大規模の釜山国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞 (PIFF Mecenat Award) を受賞、つづく12月にはドバイ国際映画祭にて同じく最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。更に、マイアミ国際映画祭で審査員特別賞、香港国際映画祭で優秀ドキュメンタリー賞、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭で宗教を越えた審査員賞を受賞。
また、韓国の国境の町・坡州市で開かれる「非武装地帯ドキュメンタリー映画祭」から短編ドキュメンタリー映画の制作依頼を受け、『精神』と同じ岡山を舞台とし、義父母や野良猫たちが登場する観察映画・番外編『PEACE』を制作。2010年9月の同映画祭でオープニング作品として世界初公開された。本作はバンクーバー国際映画祭やドバイ国際映画祭へ正式招待され、第11回東京フィルメックスでは観客賞を受賞した。香港国際映画祭では最優秀ドキュメンタリー賞を、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭ではブイエン&シャゴール賞を受賞した。妻の柏木規与子はコンテンポラリー・ダンサー、振付師で、『精神』では製作補佐を行った。

主催:NPO法人栃木県シニアセンター 電話:0282-20-3322 午後1時から4時まで受付できます。

共催:NPO法人足利NPOフォーラム、NPOコンソーシアム足利、NPO法人足利水土里探偵団、NPO法人栃木ライフサポート、NPO法人海がめ、NPO法人ITアットうつのみや、NPO法人ワーカーズ・コレクティブたすけあい大地、NPO法人栃木県車椅子の会、NPO法人チャレンジド・コミュイティー、NPO法人蔵の街遊覧船、大平ビデオクラブ、NPO法人自然学校NOSAP、NPO法人オアシス,NPO法人蔵の街たんぽぽ 以上14団体

[PR]
by tochi-senior | 2012-07-14 20:47 | お知らせ