カテゴリ:お知らせ( 20 )

学校の指導要領によりプログラミング教育が組み込まれることになり、一部の学校ではすでに学習が始まっている。この機会に親と子が一緒に学習体験することにより、より一層のプロミラミングの学習の理解が進むと思われます。プログラミング学習をすることにより、子供たちが論理的思考を習得することが本来の目的でプロを養成するものではありません。
・日時/会場 平成29年8月20日:野木町公民館 8月27日:小山市中央公民館 9月3日:栃木市栃木公民館 9月10日:下野市生涯学習センター 9月24日:壬生町立生涯学習館 9月17日まで毎週日曜日に3市2町で開催します。各日とも日曜日です。午前10時から午後4時までの予定
・定員 10組20名 各会場とも
・対象 小学4年生以上親同伴
・受講料 無料
・カリキュラム
今回のプロミラリング学習機会について、タブレットの操作方法、プロミラミングの基礎、制作、実技ロボット操作実演 その他
・機器 タブレット使用 当団体で用意します。
・主催:総務省関東総合通信局、関東ICT推進NPO連絡協議会
・共催:栃木市教育委員会、野木町公民館、小山市中央公民館、下野市生涯学習センター、壬生町立生涯学習館
・後援:下野新聞社、栃木ケーブルテレビ株式会社
・お申込み 下野市以外は当団体にて受け付けます。電話にて、平日の13:00から16:00
     番号は、0282-20-3322
[PR]
by tochi-senior | 2017-06-13 13:16 | お知らせ
◆スマ―フォン講座
1月13日(金)、20日(金)、27日(金)、連続3回 10:00~12:00、 
      会場:シニアセンター講習会場

1月31日(火)2月7日(火)連続2回 午前の部 10:~12:00、午後の部 13:30~15:30
      会場:壬生町生涯学習館

◆iPad講座
1月14日(土)、21日(火)、28日(火) 連続3回 午前の部のみ 10:00~12:00
      会場:シニアセンター講習会場
2月14日(火)、21日(火)、28日(火)連続3回午前の部10:00~12:00、午後の部13:30~15:30
      会場:壬生町生涯学習館

タブレット活用による脳活性化プログラム
平成29年1月10日
元気シニアが脳年齢度を知って頑張るタブレット講座

タブレット活用で、脳に活力を与え、元気になる講座です!タブレットが初めての方大歓迎!操作方法も学習します。
    記
◆日時:平成29年2月~3月27日 (地区別日程は下記に記載)
午前の部:10:00~12:20  午後の部:13:30~15:50

◆講座内容:IPadの操作学習後、アプリ「すしねこ」で脳若度体を体験、また、日本地図パズル(白紙の地図に都道府県の型を挿入する)の完成体験です。日本地図パズルで一番ショートタイムで完成の方を表彰します。

◆会場:栃木市栃木公民館、下野市生涯学習センター、小山市立中央公民館、野木町公民館、壬生町生涯学習館

◆対象者:既にタブレット講座を受講されていない方で、概ね60歳以上の方、タブレットの所有は問いません。初めての方大歓迎!
◆受講料:無料   機器は、実施運営団体で用意します。
◆定員:午前、午後とも15名です・。
◆お申込み:お電話にて、NPO法人栃木県シニアセンター 0282-20-3322 平日13:00~16:00までにお願いします。先着順になります。(下野市0285-40-0911、壬生町0282-82-8384)は、直接各会場にお申し込みください)

◆主催:総務省関東総合通信局・関東ICT推進NPO連絡協議会・
共催:栃木市教育委員会、野木町公民館、壬生町立生涯学習館、小山市中央公民館、下野市生涯学習センター
◆実施運営団体:特定非営利活動法人栃木県シニアセンター
◆後援:下野新聞社(申請中)、栃木ケーブルテレビ株式会社、NPO法人チャレンジドコミュニティー、NPO法人ワーカーズコレクティブたすけあい大地

◆会場日程表
野木町公民館   2月23日(木) 研修室
栃木市栃木公民館3月16日(木) 児童室
壬生町立生涯学習館3月23日(木) PC室
小山市中央公民館3月25日(土)第2研修室
下野市生涯学習センター3月27日(月) 研修室
以上
[PR]
by tochi-senior | 2016-12-22 13:29 | お知らせ
◆栃木市会場 栃木県シニアセンター講習会場
 開催日10月5日(水)午前の部 10時~12時、午後の部 13時半から15時半 連続8回講座
 科目は、パソコン入門、パソコン基礎 
 特別講座:インスタグラム入門 10月4日(火)2時間 受講料無料
◆下野市会場 下野市生涯学習センター 講習室・・・スマートフォンです。
 開催日9月5日(月)午前の部 10時~12時、午後の部 13時半から15時半、5日初日は、体験学習で受講料無料 9月12日、26日、10月3日(各月曜日)は、活用講座で受講料3,000円他テキスト代500円、4日間通しで学習された方が学習効果が高いです。 お申し込みは、下野市生涯学習エンターへ

◆小山市会場 小山市市民会館ギャラリー室・・・ipadの講座です。
 開催日 9月3、10、24日各土曜日、28日(水)の4回講座。午前の部10時から12時まで、午後の部は午後 1時半から3時半まで 受講料:4,000円他テキスト500円 定員12名  お申し込みは、当団体お電話にて 0282-20-3322 午後1時から4時までの受付
[PR]
by tochi-senior | 2016-07-22 15:14 | お知らせ
「わがまちCMコンテスト2015栃木大会(第4回栃木大会)」募集要項

1 募集作品のテーマ
「地域の良さを発掘し、地域コンテンツを創作して、その魅力を全国へ発信しよう」
~きっとあります、まちの魅力、可能性、底力。引き出すのはあなたです~

2 応募作品の対象地域:栃木県の地域を題材としたCM作品を募集します。
  また、栃木県民が魅力を感じる栃木県外の地域を題材としたCM作品も募集します。

3 募集期間:平成27年9月1日(火)~平成27年11月20日(金)

4 募集部門:
(1)栃木県部門(30秒CM)
栃木県の地域、文化、伝統、街並みなど、まちの魅力をPRするもので、応募者自らが作成したもの。(団体を含む)
 (2)自治体部門(30秒CM)
     自治体が組織的に企画・作成した作品で、まちの魅力をPRするもの。
(3)PR部門(30秒CM)
    栃木県外の地域をPRする作品で、栃木県民が行きたい、観てみたいなどと感じられる、まちの魅力をPRするもの。

5 各賞
各部門別に次のとおりとします。
最優秀賞1点、優秀賞1点、入選 数点
表彰作品数は、応募状況により変更する場合が有ります。
各賞受賞者には、賞状と副賞を贈呈します。

6 審査方法
審査委員会により、平成27年12月に一次審査、平成28年1月に最終審査を実施し、受賞作品を決定します。
平成28年1月30日(土)開催予定の下野フォーラム(栃木県下野市)において、応募作品及び受賞作品を上映し、各賞受賞者の表彰を行います。
    表彰式会場:下野市国分寺公民館 大ホール (栃木県下野市小金井1127)

7 選考基準
作者(応募者)が思い描く「地域」「まち」へのメッセージが強く表現されているものかを中心に審査します。
各部門とも栃木県民が魅力を感じる作品を、PR部門は特に栃木県民に来てほしいというメッセージが表現されているものを中心に審査します。

8 応募規定
アマチュアであれば個人・団体を問わず、どなたでも応募できます。ただし、応募は各個人・団体につき、1部門の1作品のみとします。
作者本人による応募のみとし、他人の氏名等による応募は、判明した段階で無効とします。
素材又はナレーター等が同一の複数作者による作品は、1作品とみなします。
応募作品は、オリジナルのもので、今回のコンテストのために制作したものとします。(既に発表済みの作品及び業者等へ依頼して制作した作品は、選考の対象外とする場合があります。また、シナリオ等を公募等で募集して制作した作品も同様とします。)
応募作品は、デジタルカメラまたはビデオカメラ等で撮影し、30秒で編集した動画作品(静止画を活用した動画作品を含む)とします。
録画記録は、原則パソコンのデータファイルでCD-RまたはDVD-Rに記録してください。(記録形式(拡張子)は、avi、wmv、mpg、mp4のいずれかでお願いします。ただし、DVD-VIDEO形式では応募受付はできません。)
応募作品は、実行委員会において、タイトルを追加した上で、wmv形式(4MB~8MB程度)に変換・編集します。

9 応募方法
別添の応募申込書及び作品(CD-R・DVD-R)を同封の上、実行委員会あてに送付願います。
応募は無料です。ただし、作品の製作費及び送料は、応募者の負担とします。
応募先(郵送先):わがまちCMコンテスト栃木大会実行委員会 事務局
〒328-0053 栃木県栃木市片柳町2-2-2
     特定非営利活動法人栃木県シニアセンター わがまちCM係
10 応募の際の注意事項
作品中、公序良俗に反する表現、他人に不快感を与える表現はご遠慮願います。
応募作品には、作者名(団体名を含む)等を入れないでください。また、本編以外のタイトル・クレジット等を入れないで下さい。映像又は音声で入力があった場合は、作品の内容にかかわらず、主催者でその部分を削除いたします。
登場人物の肖像権、音楽・映像・音声等の著作権については、予め承諾を得、著作権処理を行ってください。第三者による権利侵害等の紛争が生じた場合は、応募者で解決するものとし、主催者は、損害賠償等の責任を一切負わないものとします。
応募作品の著作権は、作者に帰属します。
主催者は、販売目的での利用及び作品を活用した有料のイベント等は、一切実施しないものとします。ただし、販売以外の目的で使用するため、期限の定めなく、複製・編集・上映・頒布等を行えるものとします。
応募作品は各イベント等での上映、放送及びインターネット上での公開を予定しています。
応募作品は、地域のまちづくりに利活用いただける団体(都道府県、市区町村、観光協会、CATV、コミュニティFM局等)へ無償提供する場合があります。
応募申込書に記載された個人情報は、CMコンテストの実施に関する事務処理においてのみ使用するものであって、利用目的以外に本人の同意なく個人情報を開示・公表することはありません。
応募作品については、氏名(団体名・代表者名)、年齢及び職業が公表されますので、予めご了承ください。
応募者への連絡は、原則e-mailで行いますので、応募申込書に正確に記載してください。
応募作品の返却はいたしません。
応募作品が主催者側に提出された時点において、記載の注意事項すべてについて承諾いただいたものと見なします。

11 主催:総務省関東総合通信局、関東ICT推進NPO連絡協議会
      わがまちCMコンテスト栃木大会実行委員会
   後援:栃木県、(公社)栃木県観光物産協会、下野新聞社
とちぎテレビ、NHK宇都宮放送局、栃木県ケーブルテレビ連絡協議会
   協賛:下野市、(一社)下野市観光協会
   協力:まち映画制作事務所、サトーカメラ株式会社

12 お問い合わせ先
わがまちCMコンテスト栃木大会 ホームページ
  http://matidukuru1.web.fc2.com/
わがまちCMコンテスト栃木大会実行委員会 事務局
(特定非営利活動法人 栃木県シニアセンター)
E-mail:info-mati@cc9.ne.jp  / TEL:0282-20-3322
事務局への応募に関する電話でのお問い合わせは、平日、午後1時から午後4時までに、11月2日からの応募期間中は午前10時から午後4時になります。メールは常時受けます。
関東ICT推進NPO連絡協議会事務局
(総務省関東総合通信局 情報通信部 情報通信連携推進課内)
   E-mail: it-npo@soumu.go.jp/TEL:03-6238-1682
URL: http://www.soumu.go.jp/soutsu/kanto/ai/npo/index.html
[PR]
by tochi-senior | 2015-05-21 10:44 | お知らせ
シニアが、ICT(タブレット)を活用して生活を楽しみ、社会参加するための講座です。

 日常生活の中で、高齢者が安心・安全にICTの恩恵を享受でき、さらにはICTの積極的な活用により、就労、ボランティア活動、地域課題の解決に向けた活動が可能となる社会を実現していくことが必要です。その機会を創るための講座です。お気軽にご参加ください。

なお、本講座は、総務省の「ICT利活用による高齢者の社会参画促進に向けた実証」事業で,全国規模にて開催されますが、11自治体のみが選定されました。関東圏では、栃木市のみの開催となります。

                                記

第1、2回目の講座のスケジュール等は下記の通りです。
日程:
第1回:平成26年9月26日(金)、10月3日(金)、
第2回:平成26年10月10日(金)、16日(木)
時間:午前/9時半~12時半、午後/1時半~4時半
定員:各回15名
会場:栃木保健福祉センター 栃木市今泉町2-1-40 電話:0282-25-3511
受講料:無料
機器:タブレットは、アンドロイドを使用し、機器はこちらで用意します。
内容:
1限目 タブレットの知識と基本動作を学びます。他、活用方法方法。
2限目 便利に使う インターネットの利用、メール、テレビ電話、WEBの利用
3限目 趣味で活用 facebook,SNSの利用、動画と写真、電子書籍の利用
4限目 成果と応用 ルート検索、避難場所検索等、これからできそうなこと,
 
申し込み先(実施団体):栃木市片柳町2-2-2 特定非営利活動法人 栃木県シニアセンター
電話:0282-20-3322 FAX:0282-20-3355 mail:tochi-senior@cc9.ne.jp
受付は、平日13時から16時迄にお願いします。
注:次回講座を10月、11月と予定しておりましたが、本日25日にて、残り予定の第6コースまでの残席が5名になりました。多くの皆様のお申し込みが殺到しました。誠にありがとうございました。
 
[PR]
by tochi-senior | 2014-09-04 11:49 | お知らせ
                                                   平成25年11月1日
        シニアのためのiPad入門活用講座の開講のお知らせ
 「パソコンの使い方がわからない」「スマートフォンは苦手」などと、思っているシニアの方を対象に、この講座は開講します。iPadは、持ち運びが容易で、パソコンより手軽に、インターネットやメールが使えるツールです。今回は、体験講座を超えて、音楽を聴いたり、動画を見たり、写真・動画も実際に撮影実習します。その他アプリの活用も学習し、「難しい」「教えてもらってもよくわからない」と情報化社会への参加を諦める前に、簡単で便利なiPadに触れてみませんか。
               記
◆日時:平成25年12月5日から原則毎週1回2時間の授業になります。詳細は下記をご覧ください。
◆会場:「ぽぽら」とちぎボランティアNPOセンター
     宇都宮市昭和町2-2-7電話:028-623-3455  県庁西側栃木県警本部前
◆対象:シニアの方
◆コース:Aコース(基本、アプリの紹介、webによる情報収集、写真・動画を楽しむ、電子書籍、siri活用、メールの活用等)、Bコース(写真アプリの活用、撮影実習、写真を活用したチラシ、デザインを学習、その他動画の学習等)
◆定員:各クラス18名
◆受講料:4,000円(1回2時間計8時間)Aコースは別にテキスト代500円。
◆講師:シニア情報生活アドバイザー 5名の予定
◆お申込み:お電話にて、NPO法人栃木県シニアセンターへ 午後1時から4時までが受付時間です。
以上
注:iPad機器は栃木県シニアセンターで用意します。なお、お持ちの方はご持参いただいてもかまいません。

日程表◆原則木曜開講ですが、曜日が変更になるところがあります。
開講日 曜日 室名 コース名 午前 コース名 午後
12月5日 木曜 B室A-1, 10:00~12:00 A-2,1:30~3:30
12月11日 水曜 B室A-1, 10:00~12:00 A-2,1:30~3:30
12月17日 火曜 A室A-1, 10:00~12:00 A-2,1:30~3:30
12月25日 水曜 A室A-1, 10:00~12:00 A-2,1:30~3:30
1月16日 木曜 A室A-3, 10:00~12:00 A-4, 1:30~3:30
1月23日 木曜 A室A-3, 10:00~12:00 A-4,  1:30~3:30
1月30日 木曜 A室A-3, 10:00~12:00 A-4, 1:30~3:30
2月6日  木曜 A室A-3, 10:00~12:00 A-4,  1:30~3:30
2月13日 木曜 A室B-1, 10:00~12:00  B-2, 1:30~3:30
2月20日 木曜 A室B-1, 10:00~12:00 B-2,  1:30~3:30
2月27日 木曜 A室B-1, 10:00~12:00 B-2,  1:30~3:30
3月5日  木曜 A室B-1, 10:00~12:00 B-2, 1:30~3:30
                                                         以上
[PR]
by tochi-senior | 2013-11-03 15:43 | お知らせ
iPad講座開講のお知らせ
     iPadが毎日楽しい便利を運んでくれます!

 立秋を過ぎて尚、残暑厳しい折皆様にはいかがお過ごしでしょうか。かなり、時間が経過してしまいましたが、iPad講座の開講のお知らせをさせていただきます。
 準備も整い本格的にiPad講座を開講することになりました。以下の2コースを設定しましたので、ご希望のコースをお選びいただき,お申込みいただければと思います。


「Aコース」  入門・活用編
内容: iPadの基本、アプリケーションの紹介、web、youtube の見方、写真、動画を楽しむ、電子書籍、メモ、siriの活用

「Bコース」 応用編 美しい画面を満喫しよう!
     お楽しみコースで写真の活用を学習します。
内容:イントロダクション、iPadの基本、写真アプリの紹介、インストール方法、、写真のより良い撮影の仕方、コンパクトデジカメの利用、撮影実習、写真の補正、写真アプリの活用、写真を活用したチラシ、デザインを学習、疑問点の解決、動画について

以上いずれも4日間のコースです。Aコースは午前中(9:30-11:30)、Bコースは午後(13:30-15:30)の講座になります。開講日は、毎週月曜日で、10月7日、21日、28日、11月11日です。受講料は、4日間で3,200円です。その他Aコースは教材が500円程度かかります。なお、Bコースは講座終了後、1時間の無料質問券を発行しますのでご利用ください。
なお、ビジネスコースも準備しております。また、単独での2時間受講コースも用意しますのでお問い合わせください。
以上
[PR]
by tochi-senior | 2013-09-25 09:32 | お知らせ
やってみたいけど機会がなかったタブレットの体験、今回は「キンドル」です。実際にタッチパネルを操作していただきます。インターネット、ショッピング、ゲーム、音楽、アプリ等楽しんでいただきます。当日の参加者には条件がありますが特典も用意されています。
・・・講師はシニア情報生活アドバイザーが、務めサポーターがつきますので安心して受講できます。

期日:平成25年8月6日(火)7日(水)、9月10日(火)11日(水)
時間:各日とも、午前は10時半から、午後は2時半からです。およそ90分の体験になります。
会場:NTT東日本 栃木支店 6F会議室 宇都宮市東宿郷4-3-27 東ビル
お申し込み:「指タッチパネル体験教室」運営事務局 電話 0120-305-545 受付時間 平日10時から18時
c0007862_928777.jpg

[PR]
by tochi-senior | 2013-07-21 09:27 | お知らせ
当団体が取り組む第2回目の自主上映作品だ!監督は想田和弘さん、足利市のご出身、ドキュメンタリー作品で「観察映画」という手法で制作された。ナレーション、テロップ等なしで監督自身が撮影・編集をこなすというもの。次の作品「演劇」が、この上映時期に発表される。5時間42分という大作で、1部・2部とある。
が、今回はこの映画を見てほしい。NPOの姿も見られる。

日程:平成24年10月14日(日) 会場:とちぎ蔵の街観光館 栃木市万町4-1 電話:0282・25・0560
当日のみ上映 ①午前10時半、②午後1時半、③午後4時 3回上映します。
②午後1時半上映後、想田和弘監督がトークショーをします。ぜひ、ご来場を!
入場料は、一人500円です。チケットは共催各団体にお問い合わせいただくか、当団体にご連絡ください。当日の申し込みでも入場できます。
駐車場はできるだけ栃木市役所(栃木市入舟町7-26)の駐車場をご利用ください。

予告編はyoutubeで見ることができます。


想田さんについては、wikipediaから一部転載しました。
想田 和弘(そうだ かずひろ、1970年6月12日 - )は、日本の映画監督・脚本家・演出家・ジャーナリスト。アメリカ合衆国ニューヨーク在住。アメリカのドキュメンタリー映画監督フレデリック・ワイズマンの影響のもと、ナレーションも音楽も挿入されず、また出演者にモザイクもかからない、自ら「観察映画」と呼ぶドキュメンタリー映画を制作している。
栃木県立足利高等学校卒業。東京大学文学部宗教学科卒業。宗教学科では島薗進に師事。また在学中に、東京大学新聞編集長を務める。だが、編集長としての激務とプレッシャーのため、燃え尽き症候群を患い、それが後にドキュメンタリー映画『精神』を撮る原点となった。
卒業後の1993年に、ニューヨークへ渡りスクール・オブ・ビジュアル・アーツ映画学科へ入学。在学中に制作した1995年の短編『花と女』がカナダ国際映画祭で特別賞を受賞。1996年の長編『フリージング・サンライト』はサン・パウロ国際映画祭「新進映画作家賞」にノミネート。卒業制作である1997年の『ザ・フリッカー』は、ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞にノミネートされる。

2005年に、妻の母親が関わっている精神科外来を舞台にしたドキュメンタリー映画を構想し、その撮影のため来日。だが、大学の同級生が川崎市議会の補欠選挙に自民党公認で出馬すると知り、急遽企画を変更して、ドキュメンタリー映画(観察映画)第1弾となる『選挙』を制作。ベルリン国際映画祭、シドニー映画祭、シネマ・ドゥ・レエル映画祭、サウス・バイ・サウス・ウエスト映画祭、ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭、香港国際映画祭、バルセロナ・アジア映画祭、フリブール映画祭、Hot Docs カナダ国際ドキュメンタリー映画祭などに正式招待。ベオグラード・ドキュメンタリー映画祭で、グランプリを受賞した。また、60分短縮版がBBC、PBS、ARTE、NHKなど200カ国近くでテレビ放映される。2008年には、米国放送界最高の名誉とされるピーボディ賞を受賞する。
続く、ドキュメンタリー映画(観察映画)第2弾の『精神』は、2008年10月に開かれたアジア最大規模の釜山国際映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞 (PIFF Mecenat Award) を受賞、つづく12月にはドバイ国際映画祭にて同じく最優秀ドキュメンタリー賞を受賞。更に、マイアミ国際映画祭で審査員特別賞、香港国際映画祭で優秀ドキュメンタリー賞、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭で宗教を越えた審査員賞を受賞。
また、韓国の国境の町・坡州市で開かれる「非武装地帯ドキュメンタリー映画祭」から短編ドキュメンタリー映画の制作依頼を受け、『精神』と同じ岡山を舞台とし、義父母や野良猫たちが登場する観察映画・番外編『PEACE』を制作。2010年9月の同映画祭でオープニング作品として世界初公開された。本作はバンクーバー国際映画祭やドバイ国際映画祭へ正式招待され、第11回東京フィルメックスでは観客賞を受賞した。香港国際映画祭では最優秀ドキュメンタリー賞を、ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭ではブイエン&シャゴール賞を受賞した。妻の柏木規与子はコンテンポラリー・ダンサー、振付師で、『精神』では製作補佐を行った。

主催:NPO法人栃木県シニアセンター 電話:0282-20-3322 午後1時から4時まで受付できます。

共催:NPO法人足利NPOフォーラム、NPOコンソーシアム足利、NPO法人足利水土里探偵団、NPO法人栃木ライフサポート、NPO法人海がめ、NPO法人ITアットうつのみや、NPO法人ワーカーズ・コレクティブたすけあい大地、NPO法人栃木県車椅子の会、NPO法人チャレンジド・コミュイティー、NPO法人蔵の街遊覧船、大平ビデオクラブ、NPO法人自然学校NOSAP、NPO法人オアシス,NPO法人蔵の街たんぽぽ 以上14団体

[PR]
by tochi-senior | 2012-07-14 20:47 | お知らせ
第1回情報セキュリティーサポーター養成講座のご案内

現代社会は、コンピューターウイルス、スパムメール、架空請求、フィシング詐欺など多くの危機に瀕しています。パソコンやインターネットを安全・快適に使うための専門的なセキュリティ対策を学び、地域の身近なセキュリティ相談相手情報セキュリティサポーターとして活躍しませんか?
「概要」
・日時:2011年2月12日(土)10:00~17:00
・会場:とちぎボランティアNPOセンター ぽ・ぽ・ら
宇都宮市昭和2丁目2番7号 電話028-623-3455
・講師:認定専任講師:寺田慶治、 高瀬和子
・定員:20名
・受講料:2,000円(初年度に限りテキスト等資料代のみ)
・お申し込み方法:下記記載必要事項をメールでお送り下さい。なお、テキストを事前に入手ご希望の方は、別途お申し出ください。
・講座終了後検定試験を受験ください。合格後認定証が発行されます。

主催:総務省/NPO法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)
共催:NPO法人ITアットうつのみや・NPO法人栃木県シニアセンター
運営:セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)

「記載必要事項」
メール宛先 :tochi-senior@cc9. ne.jp
件名 Subject:第1回 情報セキュリティサポーター養成講座申込
お名前/フリガナ:
所属団体:ない場合はなしでご記入ください
住所:〒 (※自宅以外の場合は、送付先の団体名や会社名も添えてお知らせ下さい)
E-mail:

◆問い合わせ先:
NPO栃木県シニアセンター 担当:田村欣也
〒328-0053 栃木市片柳町2丁目2-2
E-mail:tochi-senior@cc9. ne.jp 電話0282-20-3322

◎情報セキュリティ講座の学習内容  
◆パソコンの仕組み
 パソコンの性能、ソフトウェアの追加と削除
◆パソコンの設定
 表示の設定 拡張子や隠しファイルの表示
 インターネット、ホームページ、メールのしくみ
◆インターネット・ネットワークの仕組み
 様々なネットワーク、インターネットが抱える問題
 インターネット詐欺、悪意あるソフトウェア(マルウェア)、迷惑メール
◆インターネット上の脅威
 さまざまな脅威、パソコンを守るしくみ
 安全安心対策:ソフトウェアのアップデート、ウィルス対策ソフト、バックアップ
ファイアウォールの種類と働き、情報の安全な受け渡し方法(暗号)
◆セキュリティ対策
 パソコンと情報の取り扱い
 インターネット関連法:データ改ざん、不正アクセス、著作権、個人情報 など
■教材
・SPREAD情報セキュリティサポーター標準テキスト改訂版 
・Windows7 追補版
■SPREAD情報セキュリティサポーター検定 について
講座終了後に行う「SPREAD情報セキュリティサポーター検定」は、初心者の方が疑問に感じた時や困った時に相談相手となり、インターネットを安全・快適に使うための適切なアドバイスを行えるサポーターの育成を目的に、2009年より実施している民間資格検定です。
検定に合格された方には認定証をお送りし、SPREAD情報セキュリティサポーターとして登録いたします。登録後は、最新のセキュリティ情報をメールマガジンやWebにてご提供します。
 また、サポーターの皆さん同士の近況や意見交換の場として、メーリングリストやTwitterなども活用していただけます。
・SPREAD情報セキュリティサポーターについて
 http://www.spread-j.org/supporter/index.html
■SPREAD情報セキュリティサポーターについてのお問い合わせ
セキュリティ対策推進協議会(SPREAD)  http://www.spread-j.org/
〒135-0016東京都江東区東陽3-23-21 プレミア東陽町ビル 株式会社ディアイティ内
TEL:03-5634-7670  FAX:03-3699-7048  E-mail:sec@spread-j.org
◆個人情報の利用目的
取得した個人情報はテキスト送付、試験の合否通知メール、合格者への認定証送付、および合格者用メーリングリスト配信のために使用します。また、上記事項の処理のために、取得しました個人情報をSPREAD事務局へ預託します。
上記以外の目的には使用しません。
[PR]
by tochi-senior | 2011-01-18 13:25 | お知らせ